アスミールには副作用ってあるのかな?あるとしたら?

アスミールの副作用はあるのか?

 

アスミールの副作用が気になる

 

アスミールには副作用があるのかないのかが気になって仕方ないですね。

 

いくらお子さんの成長が遅いからって、副作用があるものを毎日飲ませるのでは健康面がとても心配になります。

 

結論から言ってしまえば、アスミールを飲んで副作用が出たという報告はまったくありません。
なぜかというと、アスミールは国によって定められた栄養機能食品として認められているという安全性がとても高い栄養飲料ということだからです。なので副作用の心配はまずないと考えていいでしょう。

 

それにアスミールは合成保存料や合成着色料に合成甘味料などを一切使っていませんから、お子様にの安心して飲ませることが出来ますね。またそれだけではなく、アスミールには6〜7歳の日本人の食事摂取基準を1日たった1杯で賄うことが出来るというメリットがありますよ。

 

 

副作用の定義って何?

 

世間では普通に「副作用」という言葉が使われていますが、実はこれ、もとは医学用語として使われていた言葉です。
しかしいつしか健康食品とかにも良く使われる言葉もありました。

 

主に副作用といったら、例えば風邪薬の眠気だとかがありますよね。
他だと高血圧なら、血圧を下げるための利尿剤の副作用に腎臓や肝臓への負担となり、糖尿病を発症しやすくなるという、目には見えにくい副作用もあったりします。
あと抗がん剤だと白血球を減って病気になりやすくなるなど、これも目には見えない副作用といいっていいですね。

 

という事で、薬というものは大小必ず何らかの副作用があるという事なのです。

 

そしてアスミールの場合は、名目上は「健康食品」にカテゴライズされていますから医薬品という事は無いので、副作用の心配はありません。上ても書いた通りアスミールは国が認定してる栄養機能食品ですから、副作用は関係ありませんよ。

 

アスミールを飲む際に注意するべきことは?

 

アスミールは基本牛乳に混ぜて一緒に飲む栄養飲料となっています。
なのでもしもお子様が乳糖不耐性であったらお腹を下してしまうことがあります。

 

乳糖不耐症って何?

 

乳糖不耐症というのは、本来は腸の中に乳糖を分解してくれる酵素が備わっているのですが、その酵素が少なかったりすると、下痢をしやすくなってします。
そういう時はホットミルクでアスミールを飲むようにするなどして対策しましょう。

 

あと、他の食品と一緒に食べる事で起きるアレルギーが原因と言う事間ありますから、もし飲んでみて下痢などの症状が現れたら、お医者さんに相談してみてください。

 

最後のまとめ

 

アスミールの副作用について色々と解説してきましたが如何でしたか?

 

それとアスミールを飲む際に注意する事として、牛乳からくる下痢が起きた際の対策方法にも触れておきました。

 

アスミールは栄養機能食品ですから、たった1杯で1日に必要とされる栄養素を80%も賄ってくれるという非常に優秀な栄養飲料です。しかしアスミールばかりに頼ってはいけません。
基本的な栄養素はやはり食事で摂らなければならず、アスミールは「そのお手伝い」と考えた方が良いでしょう。

 

例えば1日1食だけとか、お手軽簡単なレトルトやインスタント食品ばかり食べていると、いくらアスミールが優秀でも栄養素の不足分を賄いきれなくなります。アスミールはあくまでも栄養のサポートが目的ですから、お子様の成長と健康面を考えるのであれば、栄養面を考えた食事を与えるよう心がけてくださいね。