アスミールとアルギニンの関係は?その効果も知りたい!

アスミールに含まれてるアルギニンってどんな効果があるの?

 

アスミールが子供の成長に役立ってくれるのは何故?

子供の成長に最も影響を与えるもの・・・そう!ズバリそれは栄養です!

 

どんなに規則だたしい生活を送って運動も睡眠もちゃんととってても、成長のために必要な栄養がまずなければ、肉も骨も増えてくれないからです。

 

アスミールを牛乳と一緒に摂る事で、骨と筋肉をしっかりと育ててくれる栄養を切っちると取れますね。
そのアスミール最大の特徴的な成分と言えば、アルギニンです。

 

 

アルギニンによって出てくる効果

 

アルギニンとはまたの名を「スーパーアミノ酸」といい、子供の成長に大いに優れた効果があると化学的にも証明されている成分です。

 

そのアルギニンの主だった効力は

 

  • 血液の流れを良くしてくれる
  • 免疫機能が強化される
  • 筋肉を増やし骨を強くする
  • 疲労の回復を早めてくれて、けがの回復も早める事にも有効

 

といったところ。

 

こうやってみると、大人が摂ってもいいぐらいの有難い成分ですね。

 

成長ホルモンとアルギニンはどういう関係があるの?

 

これは医学的にも証明されてる事ですが、子供が成長するのには成長ホルモンの分泌が一番重要であるといいます。子供の身長が親からの遺伝で決まるというのが通説ですが、実は最も重要だったのは成長ホルモンの分泌という事だったんですね。

 

身長は遺伝によって決まるというのは、確かに一理あるとは思います。背の高いご夫婦の間に生まれた子供は、背が高くなるという確率が高まるのは事実ですからね。しかし逆に身長が低いご夫婦の間に出来た子でも、両親の身長よりも高くなるという事が多いのもまた事実です。
そこへ成長ホルモンの分泌が関わっているのは間違いないという事です。

 

でも身体の構造上、伸びる身長に限界があるのは当然ですから、その辺は遺伝によるところが大きいといえるでしょう。

 

アスミールにはアルギニンが沢山配合されていますから、それをうまく活用する事で、成長ホルモンの分泌量を活性化して、身長を伸ばすチャンスを逃さないようにしましょう。

 

成長ホルモンの分泌によっておこる効果

 

成長ホルモンがもたらす効果は

 

  • 代謝をコントローしてくれる
  • 身体の組織の成長を活性化させる。

 

以上二つになります。

 

子供の成長に大きく影響を与えるのが、1にある「身体の組織の成長」ですね。子供の成長期は、骨の骨端線という骨の成長の真っ只中の状態となります。

 

ですから骨端線がまだ成長を続けている段階だったら、まだ背が伸びる可能性があるという事になります。
ちなみに、骨端線が完全に身体から消えてしまう年齢は、男子なら25歳ぐらい、女子なら22歳ぐらいというのが普通だといいます。

 

骨端線がまだ体に残っている状態ならば、まだ背が伸びる可能性がありますから、成長ホルモンの分泌を活性化してくるアルギニンが沢山含まれたアスミールを飲めば、まだ秘められた成長の可能性を最大限に引き出してあげられると思いますよ。

 

最後のまとめ

 

ここまでアスミールとアルギニンの関係を色々と解説してきました。

 

アルギニンとは、身長を伸ばすために大切な要素の成長ホルモンの分泌を活性化してくれる効果をもたらすことをまず解説しました。それから男性の場合25歳、女性の場合22歳までは骨の成長に関わる骨端線が身体に残っている可能性がありますから、背が伸びる可能性があるという事も解説しました。

 

アルギニンはアスミールに沢山入っていて、それに亜鉛にプラセンタ等の有効な成分がダブルで働きかけて効果を発揮しますから、お子様の成長を強く実感できるでしょう。

 

もしも身長が低いお子様の将来が不安だというのであれば、是非飲ませてあげると良いですよ。
コンプレックスから解き放たれた自信をしっかり持った元気で強い子に育ってくれると思います。